銀行キャッシングの過払い金が発生しないケース

銀行のキャッシングで即日借りれる【最短1時間融資】をして過払い金が発生することがあります。過払い金とは、余分に支払った利息のことを言います。もう少し細かく言えば、2006年まで消費者金融では、金利が29.2パーセントまで設定することが可能でした。そのため、多くの銀行のキャッシングや消費者金融で29.2パーセントを上限として金利を設定していたのです。この29.2パーセントは当時の出資法に出てくる金利の上限でした。実は出資法以外にも利息制限法という法律があり、そちらの法律では金利の上限が20パーセントとされていたのです。この2つの金利の差である20~29.2パーセントの部分は、グレーゾーンと呼ばれています。2006年の最高裁判所の判決では、29.2パーセントはあまりにも高いと言うことになりました。そこで、上限は当時の利息制限法の20パーセントにすることに決まったのです。では、今までグレーゾーンの部分の金利を支払って来た人はどうするでしょうか。この人達は過払いになっていますので、過払い金を請求することが出来るようになったのです。これが今注目されている過払い金請求になります。
そこで、過払い金が発生しないケースについて考えると、まず2006年以降に借り入れをした場合です。この場合は上限が20パーセントになっていますので、過払い金が発生することはありません。もう一つは、2006年より前に借り入れをしたけども、当時の利息制限法に従って貸し付けをしていた場合も過払い金は発生しません。

Previous

Next